作品紹介

[箱庭のソレイユ]

川端志季

(過去の連載作品:別マ2016年3月号〜2017年6月号に掲載)

  • コミックス
  • マーガレットBOOKストア!
  • 試し読み

作品紹介

美術教室の講師である美大生・戸張有希が殺害された。
犯人はその美術教室に通う“天使”と呼ばれる少年だった。
大好きだった有希先生と、親友だった“天使”を一度に失ってしまった瀬名あさひは、幼心に抱えきれないほどの傷を負っていた。

それから5年後の事件の日、あさひは有希先生の弟である戸張伊月と出会う。
事件が風化しつつある今でも「天使が犯人ではない」と信じているあさひと、「姉の死」の理由を知りたいと願う伊月は、ふたりで事件の真相を探ることを誓い合う。

キャラクター紹介

瀬名あさひ(せなあさひ)

幼い頃、事件のあった美術教室に通っていた。親友だった“天使”が描いた有希先生の絵を見て、彼が犯人だとはどうしても信じられずにいる。

戸張伊月(とばりいつき)

殺された有希先生の弟。大学で植物の研究をしている。容疑者が少年だった為、事件の概要を知ることができず、やり場のない思いを抱えている。

作品メニューに戻る